ファッション通販おしゃれ

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじウォーカーオシャレ
ファッションなコラム
女性ファッション通販 > 子供服ブランド

子供服・ミキハウス

 Information
おしゃれを楽しむ
ニッセン
ベルメゾン
住商オットー
セシール
夢展望

スポーツを楽しむ
ゴルフファッション

生活を楽しむ
ディノス
ショップチャンネル

雰囲気を楽しむ
しまむら通販
無印良品 通販
ユニクロ 通販

職業・和服
わとく 着物
パーフェクトスーツファクトリー
看護師 通販

インナーを楽しむ
ワコール
ピーチジョン

ファッション診断
自分に似合うファッション診断
自分に似合う色

少子化にもかかわらず、子供服の市場規模は、1兆円を超す。

大人向けブランドが、キッズ・子供ファッションに進出し、小売の現場も、PRに余念がない。手作り服を楽しむ親もいる。なぜ今、子供服なのか。

子供服ブランド服、ミキハウス。東京・台場で、ブランド子供服のファッションショーが開かれた。
公募で選ばれた子供のモデルが、次々と舞台に現れる。ヘアメイクも見事で少女がポーズを決めると歓声が起きた。

機能よりデザイン重視のブランドが、成功を収めたのきっかけに、数年前から、大人向けブランドが子供服市場に相次いで参入

その数は国内だけで200を下らない。今の親はファッションに関心の高い世代。自分の子にもお洒落をさせたいと思うのは当然で、服にお金をかけることに抵抗がない。

経済力のある祖父母や親族の関心が、少なくなった子供に集中したことも、市場を広げている。今の子供は幸せだ。単に着せ替えなのか

好みのブランドを決めている親もいれば、上手に組み合わせる人も純粋にお洒落を楽しんでいる。高価な服ばかりがもてはやされているわけではなく、安くても凝った作りで、人気を集めるブランドもあるし、500円のTシャツでも着こなしし一つで、可愛く見える。お金をかければ良い服を選べるのは当たり前だが、要はお金をかけずにおしゃれをするのが今のこどもたちにとっても学びたい知恵でもある。

子供が生まれる前、子供のお洒落は親のエゴだと思っていたが、大変なことが多い子育ての中で、子供服選びは喜びの一つ。せっかく選択肢が増えたのだから、親子で大いに楽しむべきでもある。感性豊かな子供に成長してほしい

普段着や結婚式用のジャケットとコートや肌着など20着を手掛けている。子供が来ている様子を想像すると楽しい、体形に合わせているので、着やすく、子供も気に入っている。

洋裁に不慣れでも、無地のシャツを買って、胸元に飾りを縫い付けるだけで、だいぶ印象が違ってくるし、できた時の達成感が得られるというのが人気である。書店でも、型紙付の子供服のハウツー本が増えている。子供服の手作りを楽しむ層は着実に広がっているのである。

百貨店やスーパーは、デザインが重視される子供服への対応に知恵を絞っている。

カジュアル子供服、ブーフーウーのブランド、ブーホームズは個性派の代表格。にぎやかなデザインなどが特徴で、独創的な装いを求める親に人気がある。
高級子供服の火付け役。ナルミヤインターナショナルの各ブランドは、二十歳前後の女性店員が商品と同じ服を着て接客。来店する女の子にこんなファッションがしたいと思わせる仕掛け。

ヨーカ堂は、小学高学年の女の子向けにちょっと背伸びしたファッションを打ち出している。モノトーンの色遣いを強調したブランドキスキスは、子供っぽ過ぎず、奇抜ではなく、大人の受けもいいのである。男の子はジーンズにあるデザイン性の高い服が増えている。

(C)copyright 女性ファッション通販 おしゃれウォーカー all right reserved