おしゃれファッション通販

大人の弔事ファッション

ファッションなコラム
女性ファッション通販 > ファッション コーディネート > 喪服ファッション

もしものときに慌てないために大人の弔事マナー

悲しみの場だからこそ、大人の女性として弔事のマナーには気をくばりたいもの。
訃報はいつも突然突然舞い込んできます。もしもの時に慌てないためのマナー。

通夜と葬儀はどちらに出るべき? その際の服装は?
通夜に出席するのが一般的ですが、葬儀でも大丈夫。どちらも、きちんとした黒い服で出席しましょう。

服はワンピースやスーツなど、フォーマルなものを着用し、夏場もできるだけ肌を見せないように半袖は避けましょう。ストッキングも黒が基本。肌色でも間違いではありませんが、避けた方が無難です。また、冬でもタイツではなくストッキングを履きましょう。

靴は黒で、シンプルなデザインがベスト。サンダルはNGです。かかとが出るデザインはストラップ付きでも避けましょう。バッグも黒で、持ち手が短いシンプルなものを選んで。

持ち手の短いシンプルな黒いバッグが基本。ショルダーバッグはできれば避けて
ショルダータイプは、カジュアルなイメージがあるため、あまり好ましくないそうです。

アクセサリーは、ピアスやイヤリング、ネックレスの場合、パールのみ可。ただし大ぶりなものや淡水パールは避けましょう。指輪は結婚指輪ならOKです。
また、華美にならず質素なスタイルが基本なので、エナメルやスパンコールなど光る素材はすべてNG。気を付けましょう。

黒のストッキングがお勧め。寒い季節でもタイツはNGです
数珠は自分の宗派のものでOK。

ふさを下にして、左手で持つのが基本

宗教により異なる香典袋や焼香のマナー

故人の宗教によって香典袋が異なることにも注意を。

御霊前は仏式ですが、どの宗教にも使えます。
神道の場合は御玉串料
キリスト教の場合はお花料

新札を使う場合は準備していた印象を受けるので、1度折り目を付けておくとよいでしょう。表書きは薄墨で筆書きが基本。筆ペンでもOKですが、ボールペンは避けましょう。表面に住所・氏名を、裏面に金額を記入します。裏面はボールペンでも可。

香典はふくさに包んだ方がベスト。紫やグリーン系のものを1枚持っていると、慶弔両用に使えて便利です。

また、仏式の焼香回数は宗派により異なりますが、自分の宗派に合わせて問題ありません。気持ちを込めて1回でもOK。ただし、指示があればそれに従って。数珠の形も宗派により異なりますが、自分か持っているもので大丈夫。新調するなら、短めの1連タイプが宗派を問わないので便利です。

スポンサードリンク


(C)copyright ファッション通販 おしゃれウォーカー all right reserved