ファッション通販おしゃれ

大きいサイズ レディース

ファッションなコラム
女性ファッション通販 > ファッション コーディネート > 大きいサイズ レディース おしりが大きい体型の人には
 Information
おしゃれを楽しむ
ニッセン
ベルメゾン
住商オットー
セシール
夢展望

スポーツを楽しむ
ゴルフファッション

生活を楽しむ
ディノス
ショップチャンネル

雰囲気を楽しむ
しまむら通販
無印良品 通販
ユニクロ 通販

職業・和服
わとく 着物
パーフェクトスーツファクトリー
看護師 通販

インナーを楽しむ
ワコール
ピーチジョン

ファッション診断
自分に似合うファッション診断
自分に似合う色

大きいサイズ レディース

おしりが大きい

おしりが大きい体系の人には


OKなデザイン
クラシック・テーラード・スカートやパンツ
ボトムスは収縮カラーである濃色のもの
ゆったりとした、ルーズなトップスでヒップラインを隠す
さらりとしたドライな素材
おしりが隠れるロングジャケット
肩パッドなどで、上体のボリュームを出し、上下のバランスを修正する

NGなデザイン
ペタッと体にまといつく素材の服
ヒップポケットのあるボトムス
フィットパンツやきついボトムスは大きいおしりを逆に強調。
ギャザーのよりすぎたボトムス
ヒップ・ヨークに切り替えやデザインのあるボトムス

アクセントがありすぎるものは、選ばなくなった。
1回のインパクトよりも長く着られるいいものという気持ちが強くなり始めている。遊びの効いたデザインのアイテムは、キャミソールとかインナーで取り入れるくらいが丁度良い。歳を重ねるごとにレースいっぱいというより、さりげないくらいが丁度良い。トレンドまっしぐらのデザインより質を気にするようになったかもしれない。年とともに目は肥えていくのである。

カシミアとか上質素材を選ぶようになった。大人の女性ならではのアイテムを少しずつだけど取り入れている傾向だ。肌に似合う色が、変わってきたような気がするので、色もビビットなものは部分使いにして、薄めのきれい色を好む。ベージュとかなら合わせる色は明るくしたりとか気を使うようになった。腰まわり、お尻回りが気になるからジャケットを短すぎるものじゃなく、少し長めのものを選ぶようにもなってきて。

長すぎてもおしゃれじゃないけど、ある程度体形をカバーできる丈とかシルエットを選ぶようになる。トレンド先行タイプは少し敬遠しがちになる。


テーラード・スーツ[tailored suit]
紳士服仕立ての女性用スーツのこと。男性用スーツのような生地とかっちりとした仕立て、簡潔なラインとすっきりしたディテールを特徴とする。婦人服の柔らかい仕立て方に対する呼び名であるが、婦人服に比べると型、仕立て方などかたく、布地も男子服用のしっかりとしたコシのあるものが用いられる。

クラシックとは服飾では長期に渡ってすたれないで持続するスタイルをいうが、現在では、テーラードなスーツやコートをいうので伝統的な意味。こうしたこしのしっかりした生地で、テーラード仕立てにされたスカートやパンツであれば、おしりも締まるし、しまって見える効果もある。濃い色を使うことによって、その色の部分が縮小して見える濃い色を使うのも効果的

トップスは軽めの色にし、ボトムスに濃い色。お尻が大きいのにボトムスにヒップポケットがあっては、なおさらお尻を強調することになる。

ヨーク(yoke)
身頃の背肩、胸部やスカートの腰部に切り替えを入れてつけられる布のことをいう。ヨークの下はプレヤ・プリーツ・ギャザーなどいろいろある。こうしたヨークスカートなどではヨークがヒップの大きさを表したり、おしりの大きさが強調されやすい。

チェック柄のカジュアルシャツというとどうしてもアメカジ全開の原色系を想像しがちだが、それが落ち着きのブラウンならどうだろう。子供っぽさは解消され、大人のカジュアルが体現可能。もちろんチェック柄で着こなしの表情を豊かにしつつも、シャツの基本である細身短丈で、シルエットはシャープに、そんなブラウンのチェックこそ大人のセレクト

大きなチェック柄というのはそれだけで存在感がある。だから、地味目なカラーでも、それなりのインパクトが出る。黒のニットにデニムというシンプルさを崩さない茶色をチョイスするのもよい。白ミリタリーシャツで、さわやかさをアピール。白シャツを上手にきこなしてこそ、おしゃれな大人。ドレスシャツではなく、胸のフラップポケットやエポーレットがこなれ感をアピールする。ミリタリー系タイプを選ぶのがキモ、男性の普遍的なトレンドであるミリタリーものも、カーキやページだとホンモノ過ぎて、男臭くなりすぎ。流行を取り入れつつ、清潔感のあるホワイトでさわやかにまとめるのがよい

さわやかな白、しかもそれがシャツだったら、パリッと着こなしがち。そこを逆手にとって使うことが多い。シワを味として着こなし、袖捲くりや胸開けといったテクを使う。

スポンサードリンク




(C)copyright 女性ファッション通販 おしゃれウォーカー all right reserved