ファッション通販 オシャレウォーカー

低価格スーツ

女性ファッション通販 > ファッション コーディネート > 低価格スーツ

低価格スーツでもおしゃれにみせる


昔はスーツは高いイメージ

スーツといえば一着安くても3〜4万円はしてた時代がありました。

大手の紳士服屋は比較的価格を抑えて2着よりどりスーツというフレーズで販売戦略をしててもすごい画期的なアイデアだと思っていましたが、その当時でもいい値段がしました。

ですが近年まれにないスーツが格安で販売されるようになり、お小遣いが少ないお父さんや若い人たちには大変ありがたいスーツです。

仕入れのコストが昔と比べるとはるかに原価が違うのかはわかりませんが、もし原価がそれほど変わらないのであれば、かなり潤沢な利益をもたらしていたのかもしれません。

低価格スーツの時代

5000円スーツが登場。西友は親会社の米ウォルマート・ストアーズの調達網を活用して海外から低コストで輸入し、どこのメーカーのスーツの値段よりも下回る価格を可能にしました。

素材はポリエステル100パーセント

ウォルマート傘下のイギリスアズダの衣料品プライベートブランドGEORGEのスーツデザインをそのまま活用し、色も黒だけに絞ったことで、調達コストを抑えている

他にも価格競争では低価格スーツでいうと 広島県地盤のスーパー、イズミが7800円

百貨店では限定ではあるが

松尾銀座が9800円

大丸東京でも19000円

という価格でスーツを販売していた。

価格が安いとはいっても思ったよりはしっかりしているので、けっこうわからないもの。

スタイルがよくて顔が整っている人が着ていれば、どこのブランドスーツかと間違える、けっこうそんなものだ、顔が整っていない人間がどんなおしゃれな格好をしても、顔がきれいな人間とでは3コぐらいレベルが下がる。

仮に同じファッションしていても、ぶさいくな人は、ちょっとあの人のファッションおかしくないか?と思われ、きれいな人は、あの服かっこいいーありだよねー あのファッションって思われるのである。

よってスーツでも、自分が満足をすれば結果オーライというわけです。それにピカピカの革靴や、柄のよいネクタイ、ピリッとしたシャツをしていれば大丈夫。

低価格スーツにシルバー系のアクセサリーをつければ結婚式にもOKです。
ただヘビーに着まわしていると、素材がコストを考えてポリエステルが多いのでひじやひざがテカテカになってしまうので、ローテーションで着まわしたほうがよい。縫製のほつれ具合などは、当たりくじより確率が高いかもしれないが丁重に大事に着よう。

スーツを楽しむ
パーフェクトスーツファクトリー
コナカ
スーツセレクト
はるやま
AOKI
青山
スーツカンパニー
西友
イオン


着こなしコーデ
鎌倉シャツ
入学式・卒業式の着こなし
冠婚葬祭 服装
スーツの着こなし


(C)copyright 女性ファッション通販 おしゃれウォーカー all right reserved